連休初日、初代Scansnapが故障。
故障と言っても障害箇所ははっきりしていて、紙送り用のローラーのゴムが経年劣化で溶けて崩壊。
このローラーを替えれば復活することは明らかなのだが、
このローラーは交換パーツではないため、交換しようとすると修理扱いになる模様。
1万円以上はかかりそう。しかも、ここ数年他の消耗品パーツも交換していないため、修理しても近日パーツの追加購入は避けられそうにない。

でもって、そういえば、何年使っているのかと購入年を調べて見てみたら、なんと2011年導入。
10年選手だった。

デジタルモノで鯖家が10年使用とはこれはすごい。

ということで、天寿認定して、後継機を購入することにした。
ただ、予定外の出費なので、WifiとかついてるiX1600はやめておき、必要十分機能のみのiX1400を購入。

ついでに置き場所も見直すことにして、ワークデスクまわりを模様替え。
なんやかんやでいろいろワークスペースがアップデートした。

・ディスプレイの裏側とか変な位置にあったScansnapをちゃんと棚に置いたので使いやすくなった。
・ちょっと広くなった。
・デスクの横に物干しスペースがあり、オンラインミーティングの際、ちょっと洗濯物を避ける必要があったのが解消。
・物干しを少し低位置に移動したのでひよが物干ししやすくなった。

といいことずくめだが、肝心の新型Scansnap。どうも新しい管理アプリに癖がありすぎてやや難航中。
読み込んだPDFのテキスト情報取得のためにいったん全ページJPG出力してそれをOCRしてデータベース登録とかをし始める
らしく、えらく時間がかかる&ディスクをひどく一時消費する。1日たってまだインデックスが終わらない。
そして、ディスクがいっぱいになってしまいそうになり、Dropboxに退避とかしてたらDropboxもなんだかデータ更新しはじめて、なんだかインデックス大会と化している。
Dropboxはなんとか休み中にインデックスを更新できて、たぶん、あと一晩あればScansnapのデータ再登録も終わりそう。
評価はそれからか。

余談。Scansnapは10年だったが、うちのメインPCは8年使ってた。
速度にほとんどイラつくこともなく8年とは、ドッグイヤーはもはや死語か。
そしてさらに恐ろしいことは、この私が全く買い替えたいと思わないことである。
WINDOWS11要らんなぁ。

小次郎の靴ホルダーにインスパイアされて、
玄関口にも靴ホルダーを同じようなコンセプトで増設してみた。
ここはあちらのようにソフトにする必要はないので、ワイヤーハンガーのワイヤーを曲げて板に挿して壁に設置。
板は、その辺のを再利用。
ゼロ円。

210722_171542.jpg

左の壁に3×2段。ドアに2×1段。上の段の板はもともと小次郎の充電ケーブルやコンプレッサをぶら下げていたが、それらは位置変更。

そして、ついでに、右壁に傘立ても作成。

210722_171552.jpg

ついにこの傘立てがリストラ対象に。

210722_171606.jpg

実は結婚祝いに指定して買ってもらった猫傘立て。猫のデザインは最高にうち好みなのだが、
それに反して、使い勝手はひどく悪かった。
しかし、猫デザインがあまりに好みで処分できなかったのだ。

やはり四半世紀使ってきたこいつを処分は忍びないので、
おそらく竿立てとかに再生することになるだろう。


非常にわかりづらいというか、恐らく自分にしかわからない記録。

「ロッドフォルダーの設置」の時に、窓の内側に超強力磁石を設置したのだが、
実は超適当に強力布テープで張り付けただけで、仮施工というかやっつけ甚だしかったので、ちゃんと施工した。
パネルを切り出して磁石部分を切り抜いてそこに磁石を入れて両面からテープでしっかり止めて、パネルごと両面テープで取り付けた。

以上。

写真もわけわからん感じ。

210717_164802.jpg

地味に、靴ホルダーより手間がかかった。